きっかけはもう作りました

もう12月ですね。
私は曲を作っています。
とりあえずは作家のコンペに集中しています。
ただアレンジが難しいです。
簡易的でも良ければもっと早く作れるのだが、まあこれはいい訳ですね。

皆さんは味方だと思っていた人が実は敵だった事はありますか。
マイナススタートて言葉がありますよね。

-1、2くらいだと思っていたんですが、
実は-10くらいのスタートだったんですよ。

何だろう、チームプレイって、人数多ければ多いほどバランス取らないといけないでしょ。
仕事だったら好き嫌い言ってられない訳ですよ。
例えばサッカー。フィールドプレイヤーだけで11人ですよ。
仲良い人、悪い人居ますよね。
でも「勝つ」と言う目標で、団結する訳で。

でもそれが出来ない人も中には居て、バランスを取りたくても乱れてしまうと。
そこが大変なんですよね。
公私混同は19までですよ。成人したら大人になれと。

私は仕事に関しては私情を持ち込まないので、嫌な人とも仕事はできます。
ただ仕事の人とはプライベートは無いので、会わなかったらそれっきりです。

まぁ、こう言う事を書くと言うことはこう言うことがあるんですよ、実際色んなとこで。
正直めんどくさいです。
もうちょい割り切って貰いたいものです。

はぁ。。。

スマブラ買わなきゃ。

ストレスばっか溜まってお金が貯まらない。。。

ここだけの話。
今回のVOLAのレコーディング。
12時〜21時くらいまででその日の録音は終わったんだけど、みんな帰った後、
ほぼ毎回その後、エンジニアと私と2人で、1〜2時くらいまで、ひどかった時は朝5時まで編集作業してました。
これ、メンバー誰も知りません笑
もうちょっとあるんだけど、読めちゃうから、こんなもんで。
みんなも黙ってて笑

それじゃ、年内にここ更新できる様に頑張りまーす。

もっと先の事を見ているんだよ、キミ

2018年9月末から始まったレコーディングも、残すところはMixとMasteringのみ。
今回はかなり作業が大変です。
誰よりもスタジオに居たかと思います。

前回から曲の作り方が変わらざるおえない状態ですので、
デモの段階で8、9割の完成度に達して居ないといけないこともあり、かなりタイトでした。

ジャムりながら作った訳でもないので、意思の疎通は大変で、もちろんズレがある為、
素材の中から微調整を行い、良い状態に持っていく作業で作業日の7割は使ったかと思います。
録音は実際にあった日にちの3割程度でした。
それほどアレンジ、構成の試行錯誤が続いた訳です。

あくまで個人的な意見ですが、今作は、良い曲、万人受けしやすい曲を目指して作りました。
そもそも聴く人が減っている訳で、まず聴く人がいないと、マニアックな部分も見せられないと。
打ち上げ花火の様に、その場だけ盛り上がれば良いという曲よりも、
いい歳なんだから、もっと音楽的に色んな方面に目線を向けていきたいという思いでしょうか。

そして録音作業が終わった今、もう次の事を考えています。
どういう見せ方をするか。
どうすればたくさんの人に聴いてもらえるか。
そして、味方を増やすために今奔走してもらっています。
宣伝もしたいし。

また、来年以降の動きも考えています。
もう次の作品の事を考え始めており、曲も作り始めています。

もう進み続けないといけないのにやはり色々あります。
背中を引っ張って止まらせようとするんですよ。
色んな職種のあるあるですよね。

そーじゃねーんだと。
先を見て物事考えろと。
今回は、空き時間にだいぶディスカッションをしました。
音楽だけではなく、色々と連動していかないと効果は何倍にもなるんだよ。

気持ちを落ち着かせるために小豆島行った時に撮った写真乗せときます。

楢原

No Music Yes Life 4

1.昔と今で何が変わったか。
結構考え方がドライになったのかなと思います。

例えば良かれと思って言ってた事を言わなくなったり、
個性を消すスキルを覚えたり笑

正義だと思って行っていた事が、実は、
周りからは「めんどくさいなこいつ」
と思われがちな事に気付いたという事ですな。

これは、様々な職種であるのではないのでしょうか?

ただ、求められた時は、しっかり仕事を熟せる様に、
サボってはいません。

2.作家業で儲けたく、大分アピールしているのですが、
意外に伝わっておらず、SMA時代のコンペの案内をくれていた方とは、
既に音信不通。
やはり、事務所に所属した方が良いのか?
ああ、誰か私を拾って下さい泣

3.レッスンを行う様になってから、準備は大変ですが、
生徒さんがコードを覚えたり、曲が弾ける様になると、
少しでも力になれたのかなと思い、
久しぶりに達成感というものを得られる様になりました。
そんな時が最近の至福の時ではないかと思っています。

最後に、
先日の佐咲紗花さんのライブ、個人的な思いを、
次回記そうかと思います。

NO MUSIC YES LIFE 3

12/24にPoet-type.M久しぶりのライブでした。
来て下さった方、楽しんでいただけたでしょうか。
改善点はありますが、今年初めて「音楽したなぁ」と実感しました。
「これは音楽」というPoet-type.Mの謳い文句ですが、正にそうでした。
打ち上げも盛り上がりました。

来年は活発に動くかと思いますので、観ていただければと思います。

ノリノリのビートだけが音楽ではありません。
今回くらいが個人的には心地よいし、目と耳で「聴く」音楽かと思います。

さて、最近流行っている「Philip K. Dick」ですが、「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」、「トータル・リコール (ディック短篇傑作選)」に引き続き、「高い城の男」を読み始めました。
第2次世界大戦でドイツと日本が勝っていたらという、パラレルワールドの話です。
こちらを原作にした海外ドラマも「Amazon Prime Video」で、シーズン2まで放送されておりますので、是非ご覧あれ。

Twitter、Facebookは、相変わらず、過剰自己プロデュースしている「やり(わかる人にはわかる)」が大量発生している為、再開しておりません。
たまに見ると、やっぱり「やってんなぁ」と思ってしまう為、直接ライブ会場で、仲良くお話ししましょう。

それでは、風呂に浸かってきます。

おやすみなさいー

NO MUSIC YES LIFE 2

SNSに疲れたので、告知以外は休んでます。
以前の様に辞めてしまうと、また復帰した際、1からなので、とりあえずはアカウント残しています。
返信はその内見ます。

演奏する機会のスパンが微妙な距離なので、ライブをする度にクオリティを上げるのが難しい。

今までは、少ないチャンスだからと何でもOKにしてたけど、自分のバッドプロモーションになりかねないので、
そもそも演奏の仕事は少ないですが、仕事を選ぶことにしました。

そんな事より、先週は「ジャスティス・リーグ」をIMAXで。
来週の「スター・ウォーズ」は、MX4Dで観たい。

というか、なぜ、MX4Dは吹き替えしかないのかがわからん。
どうして教えてTOHOシネマズさん。